ママ友の自宅で~

私
でも…電気代もったいないでしょう…ごめん。
全然、大丈夫!!うち電気代を気にしてないから
ママ友
ママ友
私
え、でも料金がまた値上がりしたじゃない?
先月なんて31,000円も支払ったのよ!気づいたら去年の2倍の請求額になってて驚いたわ💦

わかるぅ!他で節約頑張っても電気代だけは毎月上がるいっぽうでしょう?
ママ友
ママ友

そ・こ・で!
電気代が0円になる節電対策を始めたの!
ママ友
ママ友
私
え?どうやって?
「家庭用蓄電池」電気を溜めて使うという方法よ!電気代高騰の時代の「勝ち組」って今話題なんだから!
ママ友
ママ友

私
なるほど!自分の電気を使うだけだから、数千円の基本料金だけで済むのね✨

私
あ、でも、蓄電池を買わなきゃいけないのよね…?
そう、だからこそ今なの!なんと東京都の戸建てなら戸数限定最大300万円の補助金がもらえるから、
蓄電池代なんて数年で元が取れちゃうよ!
ママ友
ママ友

※東京都の場合の補助金額。補助金額は地域によって異なります。

前代未聞な額の補助金よね!2025年から都内の戸建てに太陽光パネルの設置が義務化されるくらい、国が節電対策に取り組んでいるから、東京都民は今、その恩恵を受けないと損なのよ!
ママ友
ママ友

私
すごいっ!
私たち、東京都に家を持っててラッキーだったわね!

あと蓄電池にはもう1つメリットがあって…、
停電でも7日間も溜めた電気で耐えられるから、災害対策としても安心なの♡
ママ友
ママ友

でも補助金は予算を使い切ったら即終了だから、急いだ方がいいよ!
ママ友
ママ友

私
でも、主人とも話し合って決めなくちゃ…。
…いやいや、難しく考える前に、今の家でどれくらい電気代が安くなるか確認してみた方がいいよ!
ママ友
ママ友

\この無料サービス!/

『ECODA(エコダ)』

アンケートに答えるだけの30秒で申込めて、ウチの電気代がどれくらい下がるか診断してくれるの!
ママ友
ママ友


そうして、我が家も、
ECODAに相談して
補助金額や節電額が判明!

補助金を活用して、
太陽光パネルと蓄電池を設置しました♪

我が家の予算に合ったプラン
選んでもらえたし、

工事費も無料でラッキー♪

その結果…!

電気代が
31,000円⇒0円まで
下がったんです!!

節電のストレスから解放されて、
夫婦仲も良くなりました!

僕のお小遣いも増えたし♪君もへそくり増えただろ笑
主人
主人
私
しかもよ!今から「電気代が0円」になれば1歳のこの子が成人するまでの節約額は744万円

※31000円の電気代が20年間0円になった場合の試算

あの時すぐに『ECODA』に申込んでおいて大正解だったな!
主人
主人

【東京都限定】

\補助金は早いもの勝ち!/

あなたの家の電気代は、
いくら安くなる?

今、蓄電池を設置しないと将来赤字に!?

国が力を入れている今の時期を逃すと、蓄電池を簡単に設置することが難しくなります。

蓄電池の設置が難しくなる理由

・資材の高騰で蓄電池の価格も高騰
・補助金がなくなり定価で購入

 

さらに注意したいのが、
電気代の値上がりは今だけではないということ!

電気代の高騰が続く理由

・輸入に頼っている燃料費の高騰にウクライナ問題が拍車をかけている
・再エネ賦課金(再生可能エネルギーを普及させるための税金)の上昇
・消費税の増税

 

だから
蓄電池の設置が遅くなるほど
損します!

【5月29日追記】

寒さが厳しくなり、補助金の申し込みが増えているようです。

このままでは、いつ終了してもおかしくないですし、
今回の補助金予算が満了になった場合、
今度いつ予算が追加されるかわかりません…。
(発表がないので、今回が最後の可能性も!?)

 

後で損しないように今のうちに、
あなたの家の電気代が
「いくら安くなるか」だけでも

確認してみてはいかがでしょうか?

【東京都限定】

\補助金は早いもの勝ち!/

 

\住んでいる地域から探す/