ママ友の自宅で~

私
でも…冷房、気を使ってもらってごめんねぇ。電気代もったいないでしょう…
全然、大丈夫!うち電気代を気にしてないから
ママ友
ママ友
私
え、でも料金がまた値上がりしたじゃない?
先月なんて31,000円も支払ったのよ!気づいたら去年の2倍の請求額になってて驚いたわ💦

わかるぅ!他で節約頑張っても電気代だけは上がるいっぽう…しかも10月からまた急激に上がるらしいのよっ!
ママ友
ママ友

だ・か・ら!
電気代をほぼ払わないことにしたの!
ママ友
ママ友
私
は?どうやって?
「蓄電池」に貯めてある電気を使うだけだから、料金はほぼタダなのよ。まあ、電気の自給自足ね!
ママ友
ママ友

私
自給自足なら料金はかからないわね!…でも、「蓄電池」か…なんか難しそう。

自宅で~

あ~それな!自家発電した電気を貯めながら使うシステムのことだよ。今、戸建てにつける人増えてるんだって!
主人
主人

私
なるほど!自分の電気を使うだけだから、電気代がほぼタダなのね!✨

お、しかも余った分は売れるらしいよ!
主人
主人

私
やらなきゃ損じゃない!すぐウチも蓄電池使おうよ!✨
ちょっと、まてよ…。蓄電池にいくらかかると思ってるんだ?確か…
主人
主人
な、なに!?
国から補助金
らえるって!
主人
主人

※東京都の場合の補助金額。補助金額は地域によって異なります。

前代未聞な額の補助金だけど…、国が再生可能エネルギーに力を入れている今だからこそ、蓄電池を手軽に導入できるように作られているんじゃないかな!
主人
主人

私
そんなに補助金もらえるなら…、もしかして蓄電池はタダ同然なんじゃない?

私
しかもよ!今から電気代を節約できれば、1歳のこの子が成人する20年後の節約額は…744万円

※月の電気代を31000円ずつ20年間節約した場合の試算

私
養育費や大学費用まで心配ないね!

私
なら、さっそく申込みましょうよ!
そう、焦るなよ…、ちゃんと調べてからじゃないと。
主人
主人
私
焦るわよぉ!調べている間に補助金がもらえなくなったらどうするの?あれって、予算使ったら終わりでしょ??

確かに…誰か詳しい人いないかな。ウチの電気代も本当に安くなるのかだけでも、知りたいよな…。
主人
主人

私
あっ、それならあの時、友達に教えてもらった!

\『ECODA(エコダ)』/

私
すごく簡単で、アンケートに答えるだけの30秒で申込めて、ウチの電気代がどれくらい下がるか診断してくれるんだって!

 

そうして、ウチも、
ECODAを使ってみた結果…

電気代が
31,000円⇒2,000円まで
下がったんです!!

私
子どもの心配しながら冷房を弱くする必要ないし、節電のストレスからも解放!それで喧嘩もしないから、夫婦仲も良くなったよね?

そうだね!僕のお小遣いも増えたし♪君もへそくり増えただろ笑
主人
主人
それに、停電しても1週間も蓄電池の電気で耐えられるから、災害対策としても安心だよね。
主人
主人

私
そうそう!ウチみたいに小さな子どもが居たり、お年寄りのお家だったら…冷暖房が止まったら命にかかわるものね…
そうだね!あの時その場で『ECODA』に申込んでおいて大正解だったな!
主人
主人

\補助金は早いもの勝ち!/

あなたの家の電気代は、
いくら安くなる?

私
ちなみに!蓄電池に自然の電気を貯めるためには、太陽光パネルの設置が必要です。

私
既に東京では、2022年12月15日に新築住宅の「太陽光パネルの義務化」が成立しているらしく、近い将来には太陽光がない家は損しそうなので…ウチも蓄電池とセットで設置しちゃいました♡

今、蓄電池を設置しないと将来赤字に!?

国が力を入れている今の時期を逃すと、蓄電池を簡単に設置することが難しくなります。

蓄電池の設置が難しくなる理由

・資材の高騰で蓄電池の価格も高騰
・補助金がなくなり定価で購入

 

さらに注意したいのが、
電気代の値上がりは今だけではないということ!

電気代の高騰が続く理由

・輸入に頼っている燃料費の高騰にウクライナ問題が拍車をかけている
・再エネ賦課金(再生可能エネルギーを普及させるための税金)の上昇
・消費税の増税

だから
蓄電池の設置が遅くなるほど
損します!

【5月21日追記】

補助金の支援が終了した地域が増えているようです…

このままでは、いつ終了してもおかしくないですし、
今回の補助金予算が満了になった場合、
今度いつ予算が追加されるかわかりません…。
(発表がないので、今回が最後の可能性も!?)

 

後で損しないように今のうちに、
あなたの家の電気代が
「いくら安くなるか」だけでも

確認してみてはいかがでしょうか?

\補助金は早いもの勝ち!/

 

\住んでいる地域から探す/